B-SHOT-02S 半自動検査選別装置

片面を自動検査し全体の色、大きさ、カケ、片面の汚れ・キズ・黒点を選別排出することで選別の省力化を実現しました。
独自の不良品排出システムで巻き込み等による不良品への良品混入を大幅に低減しています。
また、独自の良品排出システムが後段の手選別作業を容易にします。

・システムの特徴

B-SHOTのシステムは枝豆選別時の不良品のうち全体の色、大きさ(面積)、傷害(病虫害粒を含む)、カケについて表面を自動検査選別することができ、大幅な省力が可能となります。

・検査不能の原因となる枝豆の重なりを列検査方式により大幅に低減しています。(Aゾーン)
・独自の不良品排出機能で不良品への良品混入率を大幅に低減し、歩留まりが向上します。(検査部)
・検査不能・未検査枝豆は良品排出コンベア(Bゾーン)へ表面で排出され、手選別により完全な表面検査ができます。
・良品排出コンベアから手選別コンベア(Cゾーン)への受け渡し時に枝豆を反転させ、裏面選別を容易にします。

B-SHOTシステムの特徴
仕様
型式 B-SHOT-01S B-SHOT-02S
検査方式 エリアカメラトリガー検査
供給方式 電磁振動フィーダ供給
・供給原料は洗浄、脱水、粗選別品を適用。
・供給側の搬送ラインについてはご相談の上決定。
不良品排出方式
エアーノズル+コンベア
処理能力 60~120kg/h ※ 120~160kg/h ※
電  源 単相100V(50/60Hz)
主要構成装備 カメラ1台、画像処理コントローラ、シーケンサー、LED照明、エアーノズル、電磁振動フィーダ 他
※不良品混入率、検査設定により変動。

・本装置は圧縮エアーを使用します。吐出空気量40(L/min)以上のコンプレッサーをご用意ください。
・記載の内容は、改善その他の事由により予告なく変更することがあります。予めご了承ください。
・供給振動フィーダへの接続部品については別途ご相談(オプション)

このページのトップへ